ニュース

ベネッセ、小学校高学年〜中学生専門の電子書籍ストア&読書SNS「ブクフレ」

 株式会社ベネッセコーポレーションは16日、小学校高学年〜中学生向けの電子書籍サービス「ブクフレ(Books & Friends)」の提供を開始した。それらの年代向けの書籍を専門に扱う電子書籍ストア「ブクフレ本」をオープンし、まずはあすなろ書房、岩崎書店、光文社、読売新聞東京本社が提供する250タイトルを販売する。あわせて読書SNS「ブクフレWeb」も公開した。

「ブクフレ」のウェブサイト

 ブクフレ本はiPadアプリで提供され、「親子モード」という機能が特徴。ストアで表示する本を保護者があらかじめ選んでおくことができるほか、子供の購入リクエストを保護者が確認・承認した上で書籍を購入する仕組みとなっている。専用ビューアーには、オリジナルの「気持ちボタン」が付いており、読んだ時の気持ちをページごとに表情アイコンから選んで記録していくことが可能。

「ブクフレ本」トップページ
「マイ本だな」機能
「親子モード」機能では、本を購入できるのは「親モード」のみのため、安心して利用できるという
ページをめくるタイミングで登録できる「気持ちボタン」。本を深く読むことができるようになり、記憶にも残るとしている

 読書SNSのブクフレWebは、PCおよびタブレットに対応した無料ウェブサービスとして提供。自分の読んだ本と感想を記録しておける。読書の好みが近い友達を見つけてフォローすることで「読みトモネットワーク」を作ったり、タイムラインで友達が読んでいる本を把握することができる。タイムライン上の読みトモの読書活動に「フレーフレー!」ボタンで応援する機能もある。

 読みトモ機能は、ブクフレ本ビューアーの気持ちボタンとも連動しており、読書時の気持ちを読書友達と共有できる。また、ブクフレWebにも親子モードがあり、書籍検索で表示される書籍のジャンルや対象年齢を制限することが可能。

「読みトモネットワーク」
タイムラインと「フレーフレー!」ボタン

 「現在、急速なテクノロジーの発達により、『読書』が大きく変化している。電子書籍が広がり、書籍情報や読書後の感想をウェブ上で閲覧し交換し合うなど、従来とは違う読書スタイルが始まっている」と、ベネッセでは指摘。そのような状況の中で「小中学生に、安心安全な環境で読書をより楽しんでほしい」としてブクフレをスタートしたという。ブクフレ本の提供タイトルは、2014年度中に出版社10社・約2000タイトルへ拡大したい考え。

 なお、ブクフレ本は、株式会社ACCESSの電子出版ソリューション「PUBLUS」および電子書籍ビューアー「PUBLUS Reader」がベースとなっており、ACCESSによると、ブクフレ本はAndroid版の開発にも着手しているという。

(永沢 茂)