ニュース

インプレスR&D、17年分の「インターネット白書」バックナンバーを無料公開

〜「インターネット白書ARCHIVES」サイト開設、検索も可能に

 株式会社インプレスR&Dは、一般財団法人インターネット協会(IAjapan)、一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)と共同で、過去17年分の「インターネット白書」のバックナンバーを無料で閲覧できるWebサイト「インターネット白書ARCHIVES」を、2月21日にオープンした。

 会員登録などは不要で、無料で利用できる。

2月21日に開設した「インターネット白書ARCHIVES」サイト

 「インターネット白書」は、1996年に創刊、年1回発行を続けてきた書籍年鑑。「インターネット白書ARCHIVES」は、1996年版から2012年版までの「インターネット白書」を、無料で閲覧できるWebサービス。号ごとに目次から閲覧できるほか、単語による全文検索も行える。

 インプレスR&Dでは、「日本のインターネットの黎明期からの技術、産業、市場動向、社会との関係などの変化を読み取ることができます。ますます重要性を増しているインターネットの進展と、今後の社会の発展に寄与できればと願います」とコメントしている。

「インターネット白書 2000」から、当時の通信速度/接続方法。通信速度は56〜64kbpsが主流で、接続方法はモデムによるダイヤルアップが約5割を占めていた

 「インターネット白書」は、昨年まで書籍と電子媒体で刊行されてきたが、18号目となる今年の最新刊「インターネット白書2013-2014」は、電子書籍とオンデマンド印刷で発行。価格も電子書籍版1800円/オンデマンド印刷(書籍)版 2800円と従来の半分以下に抑えた。電子版のフォーマットはEPUB3とKindle Format8で提供している。

(工藤 ひろえ)