ニュース

ニコニコで「週刊文春デジタル」配信開始、雑誌発売日に記事をメルマガ配信

 株式会社文藝春秋は2日、週刊誌「週刊文春」の記事を雑誌の発売と同時にメールマガジンで配信する「週刊文春デジタル」を、niconicoの「ブロマガ」で開始した。料金は月額864円(税込)。最新号を含む過去5冊分の記事が閲覧でき、EPUB形式でのダウンロードも可能。

文藝春秋常務取締役の西川清史氏(左)と、ドワンゴ代表取締役会長の川上量生氏(右)

 「週刊文春デジタル」では、週刊文春に掲載されるすべての特集記事(グラビアや連載以外のほぼすべての記事)を、雑誌発売日の毎週木曜日午前5時にメールマガジンで会員向けに配信する。発売日の前日には、どのような掲載記事などを紹介する「スクープ速報」も無料で提供する。

 「ブロマガ」は、niconicoで企業や著名人などが動画や生放送を配信する「ニコニコチャンネル」に設けられたブログとメールマガジンの配信機能で、投稿した記事のEPUB形式によるダウンロードや、有料会員に限定したコンテンツ配信などが可能。現在、有料会員数は13万人を超えている。

 文藝春秋常務取締役の西川清史氏は、「私が週刊誌の現場にいた1970〜80年代には、発売日に電車に乗ると、その号を読んでいる人の人数が出来不出来のバロメーターだった。昨今では、電車の中で週刊誌を読んでいる人はほとんど見当たらない。みんなスマホをいじっている。そういう人たちの目の前に、週刊文春のコンテンツを突き付けたいと思った」と語り、メールによるプッシュ型でコンテンツを配信できることが、ブロマガでの配信を行うことにした理由だと説明した。

週刊文春の記事を発売日当日にメールで配信
毎週自動更新され、スマートフォンでも読める

 特集記事の内容をネット配信するのは週刊文春では初めての取り組みで、「本誌は1冊400円なので、月額864円とお得。紙の発売と同時刻の木曜早朝に配信。毎週自動更新され、スマホでも読める」とメリットをアピール。文藝春秋でも雑誌を電子書籍としては配信することは既に行っているが、週刊文春というコンテンツでは有料メールマガジンが適切だと考えたと説明。また、動画や生放送などと組み合わせた配信も行えることや、10代・20代が中心のniconicoは週刊文春にとって新しいユーザー層の開拓にもつながるとして、「おそらく、日本で初の試みだと思うが、そういう新しい取り組みにトライしてみたかった」と語った。

 有料会員数の目標については、電子書籍は紙の雑誌の3〜5%程度の売れ行きが現状だとして、週刊文春であれば50万部の5%程度で2万5000人となるが、まずは1万人を目指したいとした。

週刊文春デジタル
ニコニコトップページの中吊り表示イメージ

(三柳 英樹)