ニュース

来週もIEの“緊急”パッチあり〜MS、5月14日公開予定の月例パッチは計8件

 日本マイクロソフト株式会社は、日本時間の5月14日に配布を開始する月例セキュリティ更新プログラム(修正パッチ)について、9日付で予告情報を公開した。今月は計8件を予定。Windows、Internet Explorer(IE)、Office、Office Web Apps、SharePoint Server、.NET Frameworkなどのソフトウェアが対象となる。修正される脆弱性の最大深刻度は、4段階中で最も高い“緊急”が2件、2番目に高い“重要”が6件。

 “緊急”のパッチのうちの1件はIEに影響するものだが、今月2日に定例外で公開されたIEのパッチ(MS14-021)とは別のものになる。また、“緊急”のもう1件は、SharePoint ServerやSharePoint Designer、Office Web Appsなどのソフトウェアに影響するものとなっている。これら“緊急”の2件はいずれも、リモートでコードが実行される恐れがある脆弱性だという。

(永沢 茂)