ニュース

アイ・オー、スマホから使える見守りWi-Fiカメラ、NASへの録画も可能

 株式会社アイ・オー・データ機器は、Wi-Fi接続に対応したネットワークカメラ「TS-WLCE」を7月下旬に発売する。価格は8900円(税別)。

「TS-WLCE」本体写真

 スマートフォンやタブレットに無料アプリ「QwatchView」をインストールすることで、自宅のWi-Fiルーターに接続されたTS-WLCEの映像を、外出先のスマートフォン/タブレットから視聴できる。カメラへの同時接続台数は4台まで。

 映像の共有にも対応しており、共有用のQRコードを配布することで、ストリーミング映像を公開できる。視聴時間やカメラの操作を制限した設定でQRコードの発行も可能。TS-WLCEを複数台登録することで、ストリーミング映像を同時に表示できる。

QRコードごとに公開範囲を設定できる
複数台での同時ストリーミングに対応

 また、TS-WLCEと同一のネットワークに接続されたNASへの録画が可能。録画映像は、NASと同一ネットワーク上であればスマートフォン/タブレット上で視聴できる。動作検知に対応しており、ドアの開閉など映像の変化を感知した際に、メールの通知とNASへの録画を行うことも可能。

NASへの録画とスマホでの録画映像の視聴が可能

 OSはWindows 8.1/8/7/Vista、Mac OS 10.6〜10.9、ブラウザーはInternet Explorer 8.0以上、Google Chrome 10以上、Firefox 3.6以上、Opera 11以上、Safari 5以上に対応。スマートフォン/タブレットは、Android 4.0以降、iOS 6.0以降に対応する。

 本体サイズは、101×64×28mm(縦×横×奥行き)、重さは110g(本体のみ)。IEEE 802.11 n/g/bの無線接続のほか、100BASE-TX/10BASE-Tの有線接続も可能。

 動画フォーマットは、H.264/MotionJPEG。100万画素CMOSセンサーを搭載し、撮影解像度は、HD(1280×720)、VGA(640×480)、QVGA(320×240)。フレームレートは、HDでは24/20/15/10/5fps、VGA/QVGAでは30/20/15/10/5fpsとなる。

(山川 晶之)