ニュース

「Suicaポイントクラブ」756アカウントで不正ログイン、一部サービス停止中

 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は18日、「Suicaポイントクラブ」の756アカウントが不正にログインされたと発表した。それらのアカウントでは会員情報が閲覧された可能性があるが、今のところ登録情報の改ざんやなりすましによるポイントの不正使用は確認されていないとしている。該当アカウントについてはすでに利用を停止。会員に対して個別に連絡し、パスワードの変更を求める予定だ。

一部を除きサービスは再開しているが、当面の間は提供時間が10時から18時までに限定。それ以外の時間帯はサービスが停止されている

 Suicaポイントクラブのホームページに対し、15日1時29分より、通常はないという約29万6000件の大量アクセスがあったため、5時35分より同ホームページにおけるサービスを停止。調査したところ、不正ログインが発生していたことが判明した。

 その後、ポイント残高や履歴照会、パスワード変更などの一部サービスは同日12時に再開したが、当面の間は提供時間を平日の10時〜18時に限定する。一方、ためたSuicaポイントから提携ポイントへの交換サービスと会員情報の閲覧・変更機能については停止したままとなっており、再開については別途案内するとしている。

(永沢 茂)