ニュース

テレビとTwitterの関連を指標化、ビデオリサーチ「Twitter TV エコー」開始

 株式会社ビデオリサーチは19日より、Twitter上におけるテレビ番組への反応をとりまとめた指標について、名称を「Twitter TV エコー」とし、正式に提供を開始した。ツイートの読まれ方を「インプレッション」もしくは「インプレッションユーザー数」という単位で計測するのが特徴。ランキング上位5番組については、ビデオリサーチの公式サイトで毎日発表していく。

 ビデオリサーチは米Twitterとの協業のもと、指標の提供を2013年12月の段階で予告していた。当初の名称は「Twitter TV指標」だったが、今回「Twitter TV エコー」へと変更した。

 「Twitter TV エコー」では、各番組に関するツイートについて「ツイート投稿ユーザー数」「総ツイート投稿数」「インプレッション数」「インプレッションユーザー数」を測定する。なお、対象は関東地区のNHKおよび民放5局。

 このうち「インプレッション数」はツイートが表示された延べ回数を意味し、ツイートの拡散の度合いを示す。対して、「インプレッションユーザー数」はツイートが表示された人数のこと。この数値を比べることにより「少ない人数で大量のツイートがなされている」「少ない投稿が多くの人に読まれている」などの傾向が分かるという。

 ビデオリサーチでは一例として、9月8日〜14日の「Twitter TV エコー」を発表した。数値は以下の通り。

<1日単位>
 ツイート投稿ユーザー数:約25万
 総ツイート投稿数:約60万
 インプレッションユーザー数:約700万
 インプレッション数:約7900万

<インプレッションユーザー数上位番組>
・第1位「ミュージックステーション」テレビ朝日 9/12(金)20:00〜
 インプレッションユーザー数:約215万
 投稿ユーザー数:約6.6万
 比率:33倍

・第2位「世界の果てまでイッテQ!秋の梨汁珍獣祭り」日本テレビ 9/14(日)19:00〜
 インプレッションユーザー数:約207万
 投稿ユーザー数:約2.9万
 比率:71倍

・第3位「ワイド!スクランブル・第1部」テレビ朝日 9/9(火)10:30〜
 インプレッションユーザー数:約179万
 投稿ユーザー数:約4.7万
 比率:38倍

・第4位「ノンストップ!」フジテレビ 9/9(火)9:50〜
 インプレッションユーザー数:約156万
 投稿ユーザー数:約5.3万
 比率:29倍

・第5位「Nスタ・第2部」TBS 9/9(火)17:50〜
 インプレッションユーザー数:約153万
 投稿ユーザー数:約3.9万
 比率:39倍

 第2位の「世界の果てまでイッテQ!」は、投稿ユーザー数約2万9000人に対してインプレッションユーザー数が約207万人となっており、拡散の度合いが高いことを意味している。

 なお、ツイートの取得にはハッシュタグとキーワードが用いられている。キーワードは独自アルゴリズムによって自動設定され、番組内容に応じた固有の「特徴ワード」も測定に利用される。

(森田 秀一)