ニュース

家族で使える位置情報共有アプリ「Life360」公開、ヤフーが国内展開を支援

 米Life360は27日、位置情報共有アプリ「Life360」Android版の提供を開始した。基本機能の利用は無料。なお、日本国内での配信にあたってはヤフー株式会社との間で業務提携が結ばれている。iOS版は近日中に配信予定。

「Life360」

 Life360は、グループ登録したユーザーの間で位置情報をリアルタイム共有するためのアプリ。子供に持たせたスマートフォンの位置情報を把握できることから、米国のファミリー層を中心に支持されているという。

 ヤフーでは、国内でも子供の見守りニーズが増えていることから、Life360の支援を決めたとしている。また、アプリの機能面でも日本向けに改良を実施。Yahoo! JAPAN IDでログインできるようにしたほか、一部の用語を日本向けにアレンジ翻訳している。

 位置情報の共有はグループ単位で行われる。例えば「家族」のグループでは常時共有を行い、一方で「友人」のグループでは必要な場合以外は共有をオフにしたりできる。ボタンを1回タップするだけでグループメンバー全員に「緊急通知」を送る機能も搭載する。

 「通知エリア」機能は、自宅や学校など任意の場所を設定し、出発・到着の状態をプッシュで通知してくれる。1つのグループあたり2つまで通知エリアを設定可能。また、通知エリアの半径は150m〜3.2kmの範囲で変更できる。

 月額514円のプレミアムサービスに登録すると、移動履歴の閲覧期間が30日に延長(無料版は前日分のみ)され、グループあたりの通知エリア設定数に制限がなくなる。

 今後は、犯罪発生地点の地図表示機能を追加する予定。

(森田 秀一)