ニュース

さくらインターネット、Windows環境を利用できるVPS「さくらのVPS for Windows」

 さくらインターネット株式会社は、Windows環境を利用できるVPSサービス「さくらのVPS for Windows」を4月8日から提供開始する。

 「さくらのVPS for Windows」は、ストレージにSSDを採用した仮想サーバー上で、「Windows Server 2008 R2」または「Windows Server 2012 R2」が利用できるVPSサービス。

 サービスの料金(以下、すべて税別)とスペックは、最も安い「W768」プランの場合、初期費用が2000円、月額料金が1000円、メモリが768MB、CPUが仮想1コア、ストレージが30GB。最もハイスペックな「W16G」プランの場合、初期費用が2万3000円、月額料金が2万円、メモリが16GB、CPUが仮想8コア、ストレージが600GB。

「さくらのVPS for Windows Server」ラインナップと料金表

 Linux版の「さくらのVPS」とシームレスに一元管理できるコントロールパネルが利用でき、複数台構成をセキュアに構築できる「ローカルネットワーク」機能を標準提供。全プランにセキュリティソフト「ESET File Security for Microsoft Windows Server」をプリインストールして提供する。

 オプションサービスとしては、iOSやAndroidなどのモバイルデバイスからアクセスできるリモートデスクトップ(RDS SAL)を月額500円で提供。Microsoft Office(Office 2013 Professional Plus)のライセンスも月額1750円で提供し、外出先のタブレット端末などから、Windows環境をリモートで利用できる。

 データベース用途向けには、「Microsoft SQL Server」を月額2400円(1〜4コア)から提供する。

オプションサービスと料金表

(三柳 英樹)