ニュース

2015年の企業エイプリルフール、ナンバーワンは「Googleマップ」、半数以上は「好感度が上がる」

 株式会社ジャストシステムは7日、エイプリルフールコンテンツに関するアンケート調査の結果を発表した。2015年に企業が創作したエイプリルフールコンテンツのうち、ナンバーワンだと思ったコンテンツは「Googleマップ」を挙げたユーザーが最も多く、半数以上のユーザーが企業のエイプリルフールコンテンツで「好感度が上がる」と回答している。

 調査は、ジャストシステムが提供しているインターネットアンケートサービス「Fastask」を利用して、4月3日〜5日に実施したもの。対象は、Faskaskのアンケートモニターのうち10代〜60代の男女600人。

 2015年に企業が創作したエイプリルフールコンテンツの中で、「総合的に見てナンバーワンだと思うもの」を挙げてもらった質問では、1位が「Googleマップ」の11.2%となった。以下は、2位が「さかなクンのウィルスミス」(映画「フォーカス」の限定ビジュアル)の7.7%、3位が同率で「auの三太郎シリーズ映画化」と「日産自動車とニッセンのコラボレーション『ニッセン自動車』」の6.5%。「最もインパクトがあったコンテンツ」を挙げてもらった質問では、「ニッセン自動車」が1位(11.2%)だった。

 企業がエイプリルフールコンテンツを公開することによって、その企業への「好感度が上がる」と回答した人は20.9%。「好感度がやや上がる」(31.0%)と合わせると、51.9%の人が「好感度が上がる」と回答している。一方、「どちらでもない」人は40.7%、「好感度はむしろ下がる」人は5.1%、「好感度は下がる」人は2.3%だった。

 エイプリルールコンテツを見た人のうち、19.8%の人が「Twitterでつぶいた」と回答。「口コミでシェア」は14.7%、「Facebookでシェア」は12.7%、「その他のSNSでシェア」は4.1%。

 企業がエイプリルフールコンテンツに取り組むことについては、「あまり影響がない範囲なら、やってもいいと思う」が66.2%で最も多く、「内容にかまわず、どんどん積極的にやるべきだ」は16.1%。一方で、「あまりやるべきではない。事故が起きたり、その日の活動が阻害されそうだ」という回答も10.1%あった。

(三柳 英樹)