ニュース

MS、Android/iOSアプリをWindows 10に移植するSDKを発表

 米Microsoftは29日、サンフランシスコで開催中の開発者会議「BUILD 2015」で、次期OS「Windows 10」の普及を促進するため、既存のWindows/Android/iOS向けアプリやウェブアプリを、Windows 10向けのアプリに簡単に移植できるSDKを提供すると発表した。

 Windows 10は今夏に正式リリース予定となっており、Microsoftでは今後2〜3年で10億台のデバイスにWindows 10を搭載することが目標だと説明。また、Windows 10はPCやタブレット、スマートフォンといった様々なデバイスに搭載されるが、アプリ開発者は「Universal Windows Platform」を利用することで、1つのアプリを作ればすべてのWindows 10デバイスで動作するようにできるとした。

 また、開発者に対しては、最小限のコードの修正だけで既存のアプリをWindows 10向けアプリに移植できるようにするためのSDKを提供すると発表。1)ウェブ、2).NETおよびWin32、3)Android(Java/C++)、4)iOS(Objective C)――の4種類のSDKを提供する。

 既に、英King Digital Entertainmentが、ゲーム「Candy Crush Saga」のWindows Phone版の開発にObjective C向けのSDKを利用しているという。また、米Adobeでは、Photoshop ElementsおよびPremier ElementsのWindowsストア向けアプリを、Win32向けのSDKを使って開発することを発表した。

(三柳 英樹)