ニュース

ヤフオク!、参加資格を「15歳以上」に引き下げ……出品は不可、アダルトは見るのも不可

 ヤフー株式会社は、ネットオークションサービス「ヤフオク!」の参加資格年齢の引き下げを発表した。これまで「18歳以上」だったが、5月25日14時より、条件付きで「満15歳以上」(中学生は除く)に引き下げる。

 新たに利用可能になる15〜17歳のユーザーは、入札・落札のみ利用でき、出品は不可。また、一部カテゴリーの利用は制限され、「アダルト」カテゴリーにはアクセスできないほか、自動車やオートバイ、建設機械、コンバイン、トラクターなどの車体、不動産、ナイフ、トイガン、アルコールなどのカテゴリー内の商品には入札できない。

 入札にあたっては、保護者などの法定代理人の同意を得ることが必要。また、利用金額制限も設け、1カ月の上限を5万円とする。マイオークション画面には、その月の合計利用金額・利用可能残額が表示される。

 ヤフーでは、15〜17歳のユーザーが読みたくなるような、マンガなどを用いた利用案内ページを設置し、使い方や注意事項などを伝えていくとしている。

(永沢 茂)