ニュース

コミックマーケット準備会とthinkTPPIP、コミケ会場で「TPPの著作権条項を考える」トークイベントを開催、ニコ生で中継も

 コミックマーケット準備会と、TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム(thinkTPPIP)は、8月14日17時から「コミックマーケット88」開催中の東京ビッグサイトでトークイベント「TPPの著作権条項を考える 〜非親告罪化、保護期間延長〜」を開催すると発表した。

 コミックマーケット準備会とthinkTPPIPでは、TPP協定の中で一番の難航分野とされているのが知的財産分野で、特にコミケットなどの同人誌即売会に集うクリエイターやファンにとって重要なのは「著作権侵害の非親告罪化」「著作権保護期間の延長」「法定賠償金制度の導入」だと説明。TPP交渉がラストスパートに入ったと言われる中、イベントでは改めてTPPの著作権条項について考え、日本文化を守るためのセーフガード規定を含めて、今後何ができるのかを一緒に考えたいとしている。

 イベントの主催はコミックマーケット準備会。共催はthinkTPPIP。会場は東京ビッグサイト西アトリウムで、日時は8月14日17時〜18時。当日はニコニコ生放送でイベントを配信する予定。

 登壇者は、モデレーターが香月啓佑氏(一般社団法人インターネットユーザー協会・事務局長)、パネリストが赤松健氏(マンガ家、株式会社Jコミックテラス取締役会長)、荻野稔氏(大田区議会議員)、中川隆太郎氏(弁護士、骨董通り法律事務所)、松智洋氏(作家、コミックマーケット準備会スタッフ)。

(三柳 英樹)