ニュース

KDDI、「ゴミ箱」と「傘立て」を10月下旬に発売、ゴミ収集日や傘が必要な日をLEDでお知らせ

 KDDI株式会社は、同社オリジナルのインテリア雑貨として、ネットワークに繋がる「ゴミ箱(Dust bin)」「傘立て(Umbrella stand)」を10月下旬に発売する。価格(税別)は、Dust binが6400円、Umbrella standが8070円。25日にオープンしたショッピングサービス「au WALLET Market」にて取り扱う。

 Dust binは、専用のスマートフォンアプリで指定したゴミ収集日をLEDで知らせる。例えば、可燃ごみの日は赤、不燃ごみの日は青といったように、本体底面に内蔵されたLEDが淡く発光する。また、アプリをインストールしたスマートフォンを持って近づくと、ゴミ箱が光るのと同時にアプリにも通知が届き、ゴミの収集予定を確認できる。

IoTゴミ箱「Dust bin」
アプリイメージ

 Umbrella standは、傘を持っていく必要がある天気の時に本体底面のLEDで知らせる。専用のスマートフォンアプリで地域を設定すると、傘が必要なしの場合はオレンジ、持って行くと安心の場合は淡い青、必要な場合は青など、天気の状況で色を変える。

IoT傘立て「Umbrella stand」
アプリイメージ

 デザイナーは倉本仁氏。電源はいずれも単3電池4本を利用し、約半年間稼働する。対応OSは、iOS 7.1〜8.4、Android 4.3以上。大きさはDust binが255×255×300mm(幅×奥行×高さ)、容量は11リットル。Umbrella standが160×160×190mm(幅×奥行×高さ)、容量は傘8本分。なお、両製品ともアプリックスの「お知らせビーコン」を採用している。

(山川 晶之)