ニュース

ヤフー、今度は「空席レーダー」提供開始、今すぐ入れる飲食店をスマホから検索・予約

 ヤフー株式会社は29日、飲食店予約サービス「Yahoo!予約 飲食店」のAndroid/iOSアプリに新機能「空席レーダー」を追加したと発表した。今すぐ入れる空席のある飲食店を地図上に表示し、オンライン予約も行える。一次会からの流れで開催が決まる二次会や、「今から飲みに行こう」ということで突発的に決まる急な飲み会の際に便利だという。

空席店鋪の検索中画面
空席店鋪の表示画面

 空席レーダーを起動すると、現在地の周辺で空席があり、オンライン予約が行える飲食店を地図上に表示する。Yahoo!予約 飲食店では夜(16時以降)の予約を扱っているが、現在時刻での検索のほか、スライドバーで時刻を指定しての検索も可能。地図をスクロールさせれば別の場所も検索できるほか、人数やジャンル、予算による絞り込みも行える。

 ヤフーによると、Yahoo!予約 飲食店のようなリアルタイム型の飲食店予約サービスでは、店舗側の確認不足によるダブルブッキングを防ぐため、オンラインでの予約を数日前〜数時間前で締め切ってしまう店舗が一般的。実際、Yahoo!予約 飲食店には9月1日時点で約1万5000店が契約しているが、そのすべてが直前まで予約を受け付けているわけではない。また、予約締め切り時刻を日ごとに設定しているような店舗もあるため、早い時間帯では直前予約が可能だった店舗でも、二次会のような遅い時間帯では直前予約に対応していないようなパターンもあるという。

 空席レーダーは、約1万5000店の契約店舗の中から、その時点で直前予約を受け付けている店舗を抽出した上で、最新の空席情報を確認できるようにした機能だ。

 あわせて、直前予約を受け付けている契約店舗において、過去にダブルブッキングのトラブルが発生した事例も報告されていることを考慮。ヤフーは空席レーダーの公開にともない、店舗側での直前予約の確認を確実に行うための新たなシステムを開発・導入した。

 具体的には、空席レーダーから直前予約を申し込むと、アプリが自動的にウェブ電話経由で店舗に電話をかけ、予約時間や人数を音声で通知。この電話をとった店員が、受け入れ可能かどうかなどの回答を電話機のボタン操作で完了できる仕組みだ。空席レーダーの公開時点で、2500〜3000店舗が同システムに対応している。

 これにより、店舗にとってはPCなどのオンライン予約システム画面の見落としなどによる直前予約のダブルブッキングを防げるという。一方、ユーザーにとっては、自ら店舗に電話をかけて本当に予約がとれているか確認する必要がなくなり、アプリが最短90秒(最長で5分程度)で予約確認を行ってくれるかたちになる。

予約確認中画面
予約確定画面

【お詫びと訂正 14:25】
 記事初出時、直前予約および空席レーダーに対応している店舗数に誤りがありました。お詫びして訂正いたいします。これを修正するとともに、記事本文を大幅に書き替えました。

(永沢 茂)