ニュース

アニメ番組のオンエア時間が近づくと声優ボイスの“電話着信”でリマインド、KADOKAWAが「アニ・メーター」のアプリ公開

キャラボイス第1弾は「ハッカドール1号」

 株式会社KADOKAWAは10日、Android/iPhone向けアニメ登録管理アプリ「アニ・メーター」を提供開始すると発表した。基本無料。

「アニ・メーター」アプリのサービスイメージ(イラスト:あなぐらもぐら氏)

 アニ・メーターは「WebNewtype」で展開しているサービスで、見たいアニメ番組をウェブ上で登録しておくことでその情報を一括管理できる。さらに今回リリースするスマートフォンアプリで機能を強化。登録したアニメ番組のオンエア時間が近づくと、スマートフォンへの電話着信を模したかたちで通知してくれる「ボイスリマインド機能」を搭載した。

 ボイスは、特定のアニメタイトルで使用できる「キャラボイス」と、タイトルにかかわらず使用できる「デフォルトボイス」を用意。キャラボイス第1弾として、アニメ「ハッカドール THE あにめ〜しょん」から「ハッカドール1号」(CV:高木美佑)を提供。まるでアニメキャラから着信があったかのようなリアル体験で、全7種類のボイスからランダムで聞くことができるという。着信に出られない場合も、ダッシュボードからボイスを再生可能。今後もキャラボイスを追加する予定だ。

 デフォルトボイスは、例えば女の子のボイスでは「ん〜〜もう眠いよ〜……。えっ、あのアニメが始まるっ? 起こしてくれてありがとー♪」、男の子のボイスでは「僕一人じゃさみしいよ。早くとなりで一緒にアニメ観よ?」といったものがある。

 通知のタイミングは、放送開始6時間〜5分前まで選択可能。なお、放送時間は関東地方のものに基づいている。

着信画面
番組詳細画面

(磯谷 智仁)