ニュース

5ドルの「Raspberry Pi Zero」米国・英国で販売開始

 英Raspberry Pi Foundationは26日、シングルボードコンピューター「Raspberry Pi Zero」を発表した。価格は5ドル。英国と米国で販売を開始している。

「Raspberry Pi Zero」

 Raspberry Piはプログラミングの教育用として開発されたシングルボードコンピューター。新モデルとなるRaspberry Pi Zeroは従来のモデルより価格を抑え、20〜35ドルのコストが導入の壁となっていた若いユーザーを取り込む目的で開発された。なお、英国で販売される雑誌「The MagPi」の12月号には付録としてRaspberry Pi Zeroが付いてくるという。

 CPUはARM11ベース(1GHz)のBroadcom BCM2835、メモリはLPDDR2 SDRAM 512MBを搭載。インターフェイスはmicroUSBポート、miniHDMI出力ポート、microSDカードスロット、40ピンのGPIOを備える。「Raspbian」「Scratch」「Minecraft」「Sonic Pi」などのアプリケーションも起動可能だ。

 本体サイズは65×30×5mm(幅×奥行×厚さ)で、Raspberry Piでも最も小さいスモールファクタだという。

(磯谷 智仁)