ニュース

「Google マップ」上にでたらめ書き込み、容疑の会社員ら3人を書類送検〜警視庁

 グーグルが提供する地図サービス「グーグルマップ」上にでたらめな名称が書き込まれた問題で、警視庁サイバー犯罪対策課は1日、勝手に名称が引用された都内の弁護士事務所の業務を妨害したとして、軽犯罪法違反(いたずら業務妨害)容疑で愛知県田原市の会社員(30)ら男性3人を書類送検した。同課によると容疑を認め、「ネットの流れに乗りたかった」などと話している。

 ほかに書類送検されたのは、盛岡市の男子大学生(21)と大阪市の無職男性(30)。送検容疑は4月、グーグルマップ上の原爆ドーム、国会議事堂、出雲大社の地点に、都内の弁護士事務所の名称を使った架空の宗教施設名を掲載。同事務所の業務を妨害したとしている。

 同課によると、地図に同事務所の名称が書き込まれたことで、不特定多数の人物から同事務所に抗議やいたずらの電話が殺到した。同事務所に関するでたらめな書き込みは4月に相次ぎ、少なくとも19件確認されていた。

 グーグルによると、マップ上の施設名は利用者の情報提供によって書き換えが可能。同社はいたずら防止対策を進めるとしている。

[産経新聞社]