ニュース

地図柄の文房具、ゼンリンが発売、ターゲットは女性、地図DBのレイヤー構造をイメージしたクリアファイルなど

 株式会社ゼンリンは、同社が整備してきた地図データをデザイン素材として活用したステーショナリー「mati mati(マチマチ)」シリーズ4製品・計16種を発売する。

 クリアファイル、マスキングテープ、ノートパッド、ブックマークの4製品があり、それぞれ、デザイン素材として使用する地図データとして、東京の丸の内/表参道/吉祥寺、福岡・天神の4エリアをラインナップする。1月15日より首都圏と福岡県のLoFt(18店舗)で先行販売し、2月以降、その他の店舗に順次拡大する予定。

「mati mati(マチマチ)」シリーズ4製品・計16種

3 LAYER mati FILE

 A4サイズの3ポケット仕様クリアファイル。ゼンリンの地図データベースのレイヤー構造をイメージしており、4枚のシートが重なると1枚の地図が完成する仕組み。380円(税別)。

STREET MEMO TAPE

 幅広タイプ(幅27o)のマスキングテープ。各地の有名な通りをモチーフとしており、実在する通りに落書きするような楽しい気持ちでメッセージが書き込めるという。長さは5m。430円(税別)。

MAP WRAP NOTEPAD

 177×177oサイズの正方形ノートパッド。日中をイメージした「デイカラー」と、夜をイメージした「ナイトカラー」の2色の中紙(各色10枚)をとじている。中紙は切り離すことができ、便せんとしての用途のほか、ラッピングペーパーや折り紙としても使える。380円(税別)。

TOWN STORY BOOKMARK

 その街の特徴を表現したピクトグラムをあしらったブックマーク。台紙はグリーティングカードとして利用でき、定型の郵送も可能な封筒付き。400円(税別)。

 ゼンリンでは、全国の拠点の調査スタッフが徒歩や車両で情報を収集し、住宅地図やインターネット地図などの形態で提供してきたが、こうして長年にわたって蓄積してきた地図データを活用した新たな市場開拓も進めているという。mati matiシリーズはその商品化の第1弾で、主に20〜30代の女性向け商品として、同社女性社員によるプロジェクトチームが商品企画を手がけた。

 同社が20〜30代の女性約100人を対象に行ったアンケート調査では、「ゆかりのある場所の地図柄に興味がある」とした人が約9割、「地図柄そのものに興味がる」とした人が約7割おり、地図柄に高い興味・関心を持っていることが分かったという。

 シリーズ名の「mati mati」は、「街」を語源としながらも、それぞれの街の様々(=まちまち)な特徴を表現したもの。各商品には、4エリアそれぞれの街の特徴をテーマにしたデザインが盛り込まれているという。なお、ゼンリンがステーショナリーを販売するのはこれが初めて。

(永沢 茂)