ニュース

人の流れを先読みしてイベント会場での混雑を回避、「闘会議2016」で人流予測・誘導実験

 日本電信電話株式会社(NTT)と株式会社ドワンゴは20日、イベント会場での来場者の回遊支援、人流予測による運営者の誘導支援に関する実証実験を実施すると発表した。

イベント支援アプリ「niconico event+」に搭載されたNTTの「混雑度マップ」

 実験は、ドワンゴが1月30〜31日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催する「闘会議2016」で実施。ドワンゴが提供開始したイベント向けスマートフォンアプリ「niconico event+」を活用する。

 アプリには、NTTの「混雑度マップ」が搭載されており、BLEを利用した屋内測位と組み合わせることで、イベント会場内の混雑状況を可視化。混雑度マップは、会場および会場周辺の混雑状況とアプリ利用者自身の現在地が反映されており、安全かつ効率的な回遊を支援する。

 NTTでは、同社研究所が持つ人流予測技術を用いて、最大で数十分先の混雑状況の予測結果をドワンゴに提供する。特定のエリアが混雑する前に、人が流入しないよう誘導することで、混雑の緩和に繋げられる可能性があるとしている。

 この実験は、2013年7月に開始したNTTとドワンゴの業務提携の一環。NTTでは、この取り組みを通して検証した技術を、2020年に向け、外国人観光客などで混雑する大規模イベントで展開するなど、観光・交通・街づくりなどの分野で利用するとしている。

(山川 晶之)