ニュース

全日空、国内線でWi-Fiサービス提供開始、動画などが楽しめる無料サービスや40分550円でネット接続も

「ANA Wi-Fi Service」ステッカーが貼られた機体が対象となる

 全日本空輸株式会社(ANA)は、国内線向け機内インターネット接続サービス「ANA Wi-Fiサービス」を1月25日に提供すると発表した。動画などのコンテンツサービスを無料で提供する。

 スマートフォン/タブレットでテレビ番組を視聴できる「ANA SKY LIVE TV」が視聴可能。「スカパー!プレミアムサービス」で放送中の「日テレジータス」「日テレ NEWS24」「スカサカ!24時間サッカー専門チャンネル」の3チャンネルが視聴できる。

 また、アニメやバラエティなどのビデオ番組、20〜25番組で幅広い音楽を提供するオーディオ番組、ANAの機内誌や雑誌・コミックなどが閲覧できる電子書籍サービスなどを提供する。ANAオリジナル商品を取り揃えたショッピングサイト「ANA STORE SKY」も利用できる。

 機内でブラウジングやメールの送受信、SNSが利用できる有料のインターネット接続サービスも提供する。価格は40分プランで550円、フルフライトプランで1050円。支払いはクレジットカードのみ。時間制を採用しているが、データ量が15MBを超えると一時的に回線スピードが遅くなるため、自動アップデートなどを無効にしての使用を推奨している。

 なお、各種サービスを利用するには、事前にANA公式アプリをダウンロードする必要がある。

ANA公式アプリから各種サービスやインターネット接続サービスが利用できる

 羽田発着の千歳、福岡、沖縄路線を中心にサービスを開始。「B777」「B787」「B767」「B737」「A320」のすべてのクラスが対象で、2017年度末までに合計約100機に拡充する予定。25日時点では「B777-300」1機で実施するほか、「B737-500」「B737-700」に限りサービス対象外となる。

 Wi-Fiサービスは、米パナソニックアビオニクスコーポレーションの航空機内インターネット接続サービス「eXConnect」を採用。衛星通信を使用するため、飛行ルートや気象状況によっては通信が不安定になったり中断する場合があるとしている。

(山川 晶之)