ニュース

1時間以内に届けるAmazon「Prime Now」、大阪・兵庫・横浜にも進出、卵・牛乳・月刊誌の取り扱いも開始

 アマゾンジャパン株式会社(Amazon.co.jp)は26日、Amazonプライム会員向けの1時間以内配達サービス「Prime Now」の対象エリアを拡大した。同日、関西初となる大阪府・兵庫県の一部でサービスを開始するほか、神奈川県で新たに横浜市の一部なども対象エリアとなった。

 今回サービスを開始したエリアは、大阪府大阪市(旭区、中央区、福島区、東成区、淀川区、東淀川区、西淀川区、城東区、北区、此花区、港区、浪速区、西区、大正区、天王寺区、鶴見区、都島区)・守口市・摂津市・吹田市・豊中市、兵庫県尼崎市・伊丹市、神奈川県横浜市(旭区、保土ヶ谷区、磯子区、神奈川区、港北区、緑区、南区、中区、西区、鶴見区、都筑区)・川崎市(川崎区、幸区)。

 取り扱い商品は、大阪発祥だという冷凍惣菜類や中華のチルド惣菜・調味料など、各地域に関連の深い商品を強化したという。また、全エリアにおいて、卵・牛乳と月刊誌の取り扱いも開始。Prime Nowで注文できる商品は1万5000点以上としている。

 Prime Nowの注文は専用アプリから行い、配送状況をGPS機能で地図上で確認することが可能。注文は1回あたり商品代金2500円(税込)以上で対応し、商品1個からでも利用可能。2種類の配送方式があり、配送料金は「1時間以内配送」が890円(税込)、「2時間便」が無料。1時間以内配送は、注文受付時間が6時〜22時59分、その注文に対する配送時間が6時〜24時の範囲となる。2時間便は、注文は24時間対応、配送時間は6時〜24時の範囲で2時間単位で指定できる。

 Prime Nowは、2015年11月に、約1万8000点の商品を取り扱うサービスとして東京都内の8区でサービスを開始。その後、神奈川県川崎市や東京都調布市・狛江市にもエリアを拡大した。なお、以前は1時間以内配送の注文受付時間が6時〜23時59分、その注文に対する配送時間が6時〜25時となっていたが、現在はそれぞれ終了時間が1時間早まっている。

(永沢 茂)