ニュース

法人向け「mineo」にM2M/IoT専用プラン、アップロードと夜間通信に特化した2つのコース

 株式会社ケイ・オプティコムは、MVNOサービス「mineo」の法人プランにおいて、M2M/IoT向けプラン「M2Mアクセス」を3月1日に提供開始すると発表した。

センサーや組み込み機器、POSデータの集計などさまざまな用途を想定

 センサーや組み込み機器など、IoTやM2M用途などに特化したモバイル通信プラン。基本料金が月額500円(税別)の「上り高速コース」と、月額350円(税別)の「夜間専用コース」の2つを用意する。

 上り高速コースは、上りの通信制限を設けておらず、センサーによる監視などリアルタイムデータのやり取りに適している。NTTドコモ回線を使用する「Dプラン」では、下りが最大256kbps/上りが最大50Mbps(LTE)または最大5.7Mbps(FOMA)。KDDI回線を使用する「Aプラン」では、下りが256kbps/上りが最大25Mbps(au 4G LTE)。

 夜間専用コースは、22時〜翌6時までの夜間限定で通信できるプラン。上り高速コースのように下り速度に制限をかけていない。Dプランは、Xiで下りが最大225Mbps/上りが最大50Mbps。FOMAでは、下りが最大14Mbps/上りが最大5.7Mbps。Aプランは、下りが最大225Mbps/上りが最大25Mbps。

 どちらも月に500MBまで通信できるが、容量を超えてしまった場合は上り/下りともに128kbpsに制限される。150円チャージすることで容量を100MB追加することもできる。

 ケイ・オプティコムでは今後、コースの追加や閉域接続オプションの導入などを実施予定。SIMカード以外にも、M2MルーターやIoTゲートウェイなど、M2M/IoT時代に必要なサービスを提供するとしている。

(山川 晶之)