ニュース

電子書籍の利用率、無料コンテンツが22.9%、有料コンテンツが16.5%で昨年から横ばい

 MMDLabo株式会社は25日、「電子書籍および紙書籍に関する調査」の結果を発表した。20〜59歳の2201人を対象に2月19〜21日、インターネットで調査したもの。

 電子書籍を「現在利用している」とした人は無料コンテンツで22.9%、有料コンテンツで16.5%。2015年の無料コンテンツ22.4%、有料コンテンツ17.2%から横ばいの結果。

 また、「試しに利用してみた程度」は、有料コンテンツで7.8%と、こちらも2015年の8.1%から横ばい。一方、無料コンテンツでは16.0%で、2015年の20.4%から減少している。

 読書状況については、83.0%が紙書籍を読んでいると回答。また、紙書籍で読書する1862人を対象に購入先を聞いたところ、「書店」が85.5%と最も多く、次いで「ネットショップ」が65.6%、「古本屋」が34.3%、「ネットオークション」が8.7%、「フリマアプリ」が4.4%。

 紙・電子書籍の両方で読書すると回答した541人を対象に、どちらで読書することが多いか聞いたところ、「紙の書籍のほうが多い」が54.0%(292人)、「電子書籍のほうが多い」が25.7%(139人)、「どちらも同じくらい」が20.3%(110人)だった。

(磯谷 智仁)