記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

クレバリー名物の「不幸箱」改め「不況箱」、ネットで予約受付 ほか

【2009/12/22】

■ クレバリー名物の「不幸箱」改め「不況箱」、ネットで予約受付

 アキバの新春名物としてすっかり定着した感のある、クレバリーの福袋ならぬ「不幸袋」。PCジャンクパーツが山のように詰め込まれたこの袋、新春からどんよりとした空気をもたらしてくれる自虐的な商品として陰ながら人気だ。近年は「袋」から「箱」へとボリュームアップし、店頭売りではなく通販オンリーに切り替わったが、今年も本日夜21時より200個限定で予約受付が開始される。今年はその名も「不況箱」と改められており、世相を反映した哀愁ただようアイテムの封入が期待される。もっとも、近年はそこそこ当たりのアイテムが入っているようで、「絶望感を味わいたかったのに、中身が良くて逆にがっかりした」というややこしいことになっているという噂も。

◇不幸箱(クレバリー)
http://www.clevery.co.jp/tokka/unhappiness_box.html
◇13日の金曜日、「不幸箱」がやってくる……(AKIBA PC Hotline! Junk Blog)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/blog/archives/2006/10/13_1.html

(tks24)

■ 渋谷スクランブル交差点に驚愕する外国人、通行人を数える日本人

 渋谷のスクランブル交差点といえば、最近ではロンドン市内にそれを模した交差点が作られるなど、ある意味で日本を代表するスポットのひとつだ。今回、ブログ「誤訳御免!!」で紹介されていたのは、その渋谷のスクランブル交差点の動画と、それを見た外国人の方のコメントだ。日本にいるといつしか当たり前のようになってしまうこの風景、外国人の皆さんの驚き様のほうがむしろ新鮮に感じられるから面白い。ちなみに、この渋谷スクランブル交差点を1回に渡る人数は、「バクストラジオ」が目視でカウントした限りでは「ざっくり1020人くらい」だそうだが、実際のところは定かではない。

◇渋谷スクランブル交差点の映像に驚愕した外国人たちのコメント(誤訳御免!!)
http://shirouto.seesaa.net/article/136073422.html
◇渋谷スクランブル交差点を渡る人の数を数える(バクスト2.0)
http://bs2.blog.so-net.ne.jp/2008-05-03-1

(tks24)


INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.