記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

全角英数字を自動的に半角英数字に置換する、便利なChrome機能拡張が登場 ほか

【2012/6/7】

全角英数字を自動的に半角英数字に置換する、便利なChrome機能拡張が登場

 新聞社のサイトの記事や企業のプレスリリースでは、英数字が全角で表記されていることが多い。前者は縦書きを前提とした原稿をそのまま横書きにすることで起こる現象だが、半角英数字に慣れたネットユーザーからすると、たとえコピペをする用事がなかったとしても、見ているだけでイライラさせられることが多い。これら全角英数字を強制的に半角英数字に自動置換するChromeの機能拡張がリリースされ話題になっていた。この機能拡張、その名も「さよなら全角英数」をインストールすると、ページ単位もしくはドメイン単位で自動置換が行われるというもの。ちなみに特定の記号だけを全角のまま残しておく設定も可能なので「?」や「!」だけは全角のままという設定も可能。すでにコメント欄では絶賛の声が相次いでおり、Chrome機能拡張に新たなスタンダード誕生の予感だ。

◇goodbye "Zenkaku" - さよなら全角英数(Chrome ウェブストア)
https://chrome.google.com/webstore/detail/mjdgifdhhligineaimmgbikndpifdgml
◇[Chrome] さよなら全角英数Extension リリースしました(tande lab.)
http://tande.jp/lab/2012/01/1628

(tks24)

フリックでめくろうとすると大事故が発生する、自動車保険のiPad広告が話題に

 タッチパネルを採用したiPadでは、画面の切り替えにはフリック操作を用いるのが一般的だ。すっかり認知されたこの操作方法、いまではデジタルネイティブな子供たちのほうが使いこなしているという報告も少なくない。さてこのフリック入力を逆手に取ったユニークな広告表現が一部で注目を集めていた。これはブラジルの自動車保険会社が電子書籍に出稿した広告で、フリック操作でページをペラペラとめくっていき、該当の広告ページでもそれまでと同じフリック操作でページをめくろうとした瞬間、画面内の車が急発進して壁に激突し、そこで保険の案内が流れるというもの。直前まで静的ページが連続していることで、うっかりひっかかってしまうという、なかなかのアイデアだ。電子書籍そのものは日本からはダウンロードできないようだが、サイト上では挙動が見られる動画が掲載されており、広告関係者とみられるユーザーから感心するコメントが相次いでいた。

◇iPadユーザーが一瞬凍りつく、デバイス特性を最大限活かした電子雑誌のインタラクティブ広告(ブログタイムズ)
http://blogtimes.jp/blog/2012/06/17852.html

(tks24)