記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

iPhone 4Sの新CM「サカナクション流して」を試して玉砕するユーザーが続出 ほか

【2012/6/11】

iPhone 4Sの新CM「サカナクション流して」を試して玉砕するユーザが続出

 先日から放映されているiPhone 4Sの新しいTVCMが物議をかもしている。CM内でiPhoneのSiriに向かって「サカナクション流して」と話しかけるシーンがあるのだが、同様に操作をしてもサカナクションの曲がまったく再生されず、別のアーティストの曲が流れるという報告が相次いでいるのだ。Togetterのまとめを見る限りではかなりの人数に及んでおり、たまたま聞き違えたというわけではなさそう。挙句の果てに、誤って流れ始めた曲の名前をSiriに尋ねると、知らぬ顔をしてそのアーティストと曲名を答えるといった挙動まで報告されている。「サカナクション流して」ではなく「サカナクション再生して」だと正しく再生できたという報告もあるようだが、これだとCMの内容とは異なってしまうことになり解決になっていない。もしこれが実際にSiriの機能を試させようとする戦略ならたいしたものだが、CMが流れ続けるこれから当面の間、話題となり続けるのは間違いなさそうだ。

◇Siriに「サカナクション流して」とお願いしてもサカナクションがかからない人が続出(Togetter)
http://togetter.com/li/317805
◇Siriに「サカナクション流して」を試した結果、逆に翻弄される人たち(NAVER まとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2133923248759686701

(tks24)

あえてネットには接続しない割り切り、タブレットを用いた花火の説明動画

 海外の花火の販売業者が、タブレットを使って花火のプレビューを見せてくれるサービスを開始したことが話題になっていた。購入者がもっとも気になる「点火時の花火球がどんな形をしているか」を、タブレットを用いて動画で見せてくれるというアイデアだ。もっともこの記事の要点は、あえてネット接続などの機能を使わず、タブレットをシンプルな動画再生機として使っていることにある。というのもこのデモンストレーション、ネットに接続してクラウドで表示するわけでもなんでもなく、単にSDカードに入れたデータを再生するだけなのだ。目的を達成できるのであれば、たとえネット接続機能があったとしても使う必要はないと割り切っているのが、かえって新鮮な印象を与えてくれる。タブレットといえばクラウドなどの機能と思い込んでしまいがちな昨今では、ひとつの「気づき」となりそうな事例だ。

◇花火を買う前にタブレットで店頭デモを見せてくれるPhantom Fireworks(TechCrunch Japan)
http://jp.techcrunch.com/archives/20120608phantom-fireworks-uses-nook-tablets-to-help-customers-preview-the-boom/

(tks24)