最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【サービス】

まちづくりの一環としてフラワー長井線の車両に「FREESPOT」設置

山形鉄道、いち早く“列車インターネット”を実現

■URL
http://www.flower-liner.jp/ (フラワー長井線)
http://www.freespot.net/ (FREESPOT)
http://www.jan.ne.jp/~sonjyuku/ (長井村塾)

 山形県南陽市の赤湯駅から長井市を経由して白鷹町の荒砥駅までを結ぶローカル線で、全国に先駆けて“列車インターネット”が実現した。山形鉄道が6月末、フラワー長井線の車両内に「FREESPOT」を設置し、乗客が無料で利用できる公衆無線LANサービス「Netトレイン」を開始した。

 同社が保有する8両の車両のうち5両に無線アクセスポイントなどのネット接続機器を導入。運行される約8割の列車でNetトレインが利用できる。車内からインターネットへは128kbpsのPHSで接続する構成だ。沿線で2カ所ほど電波状態が悪い場所があるものの、走行中でも途切れることなくネット接続できるという。列車インターネットは成田エクスプレスや予讃線の特急などで実験が行なわれた事例があるが、本サービスとして提供するのは、全国で初めてではないかとしている。「もちろん、このサービスで少しでも利用拡大につながればいいというのが導入理由だが、当社や地域の話題提供として、『ローカル線でなんでこんなサービスを始めるの?』と思われる時期に先駆けて実施したかった」(山形鉄道)。

 今回のサービスは、鉄道会社や通信会社だけでなく、地元の団体や企業との協力により実現した点が注目される。従来からFREESPOTの展開に取り組んできた長井市のまちづくり団体「長井村塾」と、同じく自らもFREESPOTを導入しているホテル和泉屋がまちづくりの一環として昨年暮れに計画したのが始まり。企画にあたっては、「個人で列車に乗り込み、電界強度や通信速度など、回線の確保が可能かどうか実験を繰り返してきた」(長井村塾)。その結果、十分に列車インターネットが実現可能であることが判明した。

 しかし、技術的に可能である一方で、やはり経営の厳しいローカル線では「コストがかかることは受け入れてもらえない状況」だったという。そこで、長井村塾とホテル和泉屋では、「鉄道会社の経費ゼロ」を目指して機器ベンダーや回線事業者、ISPなどにも協力を要請。メルコやネクストマジック、AUショップ長井、DDIポケット、プロバイダーのE-JANがこれに応じたことで、今年2月末に列車インターネットを山形鉄道に提案するに至ったという。サービス開始にあたっては、地元の企業14社から広告掲載料というかたちで資金の提供も受けている。「行政主導ではなく、自分たちでできることからやってみようとの思い」(ホテル和泉屋の後藤オーナー)で企画し、「なるべく参加されている皆さんのプラスになるような仕組みづくりに特に配慮」(長井村塾)した結果である。

 また、フラワー長井線は通学の足としての利用がメインだということで、「地域に密着した事業にするために、高校生にも協力してもらった」(長井村塾)。車内に設置する無線アクセスポイントなどの機器を収容するボックスは、地元の工業高校に依頼して制作してもらったものだという。「学生にも列車の中でIT機器に触れる機会を提供し、学生の技術水準が上がれば」(長井村塾)としている。

導入車両の乗降口の上には、スポンサー企業の広告枠が設けられている 長井工業高校機械システム科の生徒の手作りという通信機器の収納ボックス

◎関連記事
無線LAN機器搭載の成田エクスプレスを公開
JR四国の特急列車「いしづち」で“列車インターネット”の公開実験
ホットスポット化して欲しい場所、1位は「新幹線」

(2003/7/15)

[Reported by nagasawa@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.