記事検索
バックナンバー

ルート案内、乗換案内に対応したGoogleマップが使える「マイマップ+」


アプリ名 マイマップ+(Ver.1.8)
こんなときに Googleマップのストリートビューを活用しながらルート案内も使いたい
価格 85円
販売 Takeshi Dodo (C)mymapplus.com
URL https://itunes.apple.com/jp/app/id467908886

iOS標準マップとGoogleマップ切替が可能。「距離測定」などユニークな機能も

 「マイマップ+」は、先週ご紹介した「ストリートビューワ」の機能拡張版といえるアプリだ。「ストリートビューワ」をご紹介した時点では、まだGoogleマップに対応したバージョンがリリースされていなかったのだが、ようやく対応したのでご紹介しよう。

 「マイマップ+」は、現在地、地図回転、ストリートビュー、検索、渋滞情報といった機能が使える「ストリートビューワ」に、ルート案内、乗換案内、アンカー、距離測定、位置のメール送信機能などが加わっており、Googleマップが使える地図アプリとして、一通りの機能を網羅しているのが大きな特徴だ。

 起動時にはiOS標準マップが表示されるが、Googleマップが使いたいときは、画面左下の「▲」からメニューを表示し、「G」をタップすると切り替わる。ジョグダイヤルでの拡大縮小や、十字カーソル位置でのストリートビューの表示、電子コンパスの同時表示など、地図上の基本的は操作は「ストリートビューワ」と変わらないが、ジョグダイヤル操作が苦手な場合は、設定で+/-ボタンに変更することもできるようになっている。

 「ルート&乗換案内」では、車または徒歩に対するルート案内のほか、乗換案内、カーナビ「NaviCon」との連動のいずれかが選択できる。ルート案内では、出発点と到着を指定すると候補が複数提示され、回転する地図やストリートビューとともに案内が確認できるほか、残り時間や距離も分かる。現在地を知らせたいときは「ココメール」を選択すると、カーソルの位置をメールで送信できる。

 乗換案内では、「Yahoo!ロコ 路線情報」「Google乗換案内」「標準地図アプリ」のいずれかを指定しての乗換案内検索が可能。ボタンをタップすると、それぞれの検索オプションの指定もできる。(現在のところ「標準地図アプリ」を選択すると、筆者の環境においては、Google乗換案内」が起動するようだ)

 検索は、住所やキーワードのほかに、カテゴリ、マーカー検索、グルメ、電話番号からの検索が可能で、カテゴリ検索はベータ版ながらも、カーソルの位置を中心に、半径を指定して最寄り駅、郵便局、駐車場、給油所、カフェ、コンビニ、デパートが検索できる。グルメは食べログと連携しており、半径、キーワード、予算、営業時間、クーポンの有無などが指定できる。

 ユニークなのは地図上に目印がつけられる「アンカー」と、地図上でなぞるとおおよその距離が分かる「距離測定」だ。「アンカー」は最大5つまで指定でき、完全にアプリを終了するまでは表示し続けられるので、たとえば調べ物をしていて、見つけた場所に印を付けて位置関係を見る、あとでまとめて「位置情報」で住所を調べるといった使い方が可能だ。また、「距離測定」と併用すると、目印間のおよその距離を調べるといった使い方もできる。

 Googleマップが使える点をはじめに、検索、ルート案内、乗換検索、電子コンパスの表示、および地図の回転、ストリートビュー、渋滞情報が利用できるわけで、iOS 5の「マップ」の代わりとしてはかなり役立つ存在ではないかと思う。

起動時の「マイマップ+」。起動時はiOS標準マップが表示される Googleマップを使いたいときは、メニューを表示し「G」を選択する Googleマップに切り替わった状態
地図回転もサポート 「ルート&乗換案内」のメニュー 乗換案内は、3つのサービスから選択する 「車/徒歩ナビ」の検索結果の例
ストリートビューも利用できる ルート案内中の画面 「距離測定」は、地図をなぞるだけでおよその距離を教えてくれる 目印がつけられる「アンカー」
「カテゴリ」検索メニュー 「グルメ」検索メニュー 動作設定画面 「検索」メニュー



関連情報

2012/10/24 06:00


すずまり
プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。
睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。