ビジネスに役立つiPhoneアプリ

シンプルさとカラフルさで行動の習慣化をサポートする「Weple Habit」

アプリ名 Weple Habit(Ver.1.0)
こんなときに 習慣づけたいことを忘れないようにしたい
価格 100円
配布 販売元: Park Hankyu (C)BumbleBee Communications.
URL https://itunes.apple.com/jp/app/u-ipuru-xi-guan-weple-habit/id731337966

習慣化したい行動を可視化して、毎日チェック

 年明けに今年の目標を立てた方は、着々と実行できているだろうか。毎日あれをしよう、これもしようと頭では考えてはいるものの、どうしても行動に移せないという方は、「Weple Habit」に登録してみてはいかがだろうか。

Weple Habit

 「Weple Habit」は、日々の習慣が簡単に管理できるアプリだ。毎日繰り返し実行したいタスクをボタン化して並べられ、実行したらタップすることで、実行したものとそうでないものがひとめで分かる。複雑な操作は一切なく、タップするだけというハードルの低さが最大の特長。

 ボタンを作成するときは、好きな色とイラストを組み合わせることができるため、並べたときもカラフルで、事務的な感じがしにくいところも魅力の1つだ。開始日や終了日、実行したい曜日も指定できるだけでなく、リマインダー機能もついているので、多忙でも指定した時間にアプリの起動を促してくれる。

 画面は、中央にタスクのボタンが並び、画面上部には1週間分の履歴、画面下部には対応済みのタスクのアイコンが分かるエリアが備えられている。ボタンをタップすると画面中央から消え、画面上下の一覧に移動する。すべて実行し終えると、「Good job!」と褒めてくれる。画面は横スクロールが可能で、過去分もあとからタップできるので、チェックし忘れても安心。未来のアイコンもタップできてしまうのはご愛敬だ。

 マンスリー表示も可能で、「○」の色のつき具合で達成度が把握できる。特に数字で達成率を教えてくれるわけではないが、賑やかになるほどがんばっている証といえる。

 まずは、毎日やろうと決めたことを書き出して、ボタン化してみるところからはじめてみよう。2週間ほど続けてみて、どうしても習慣化できなさそうなら、別の方法に変えるといった判断にも使えそうだ。

起動時は行動が登録されていないので、右上の「+」ボタンからスタート
行動を入力し、色とアイコンを選択。開始日や終了日、実行したい曜日も指定できる
登録すると、ボタンとして表示される
実行したらタップすると、画面上下に用意されたエリアにそれぞれ反映される
すべて実行すると褒められる
マンスリー表示にすると、日ごとの達成状況が色で分かる
設定ではアラームの指定も可能
チェックし忘れていても、指定時間に教えてくれる

すずまり

プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。 睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。