ビジネスに役立つiPhoneアプリ

動画のベストシーンを簡単に写真にできる「MovieToImage」

アプリ名 動画から瞬間を切り出す「MovieToImage」(Ver.2.4.1)
こんなときに 動画の中のシーンを写真として保存したい
価格 100円
配布 Dreamonline,inc. (C)2010-2012 DreamOnline,
URL https://itunes.apple.com/jp/app/dong-huakara-shun-jianwo-qieri/id383313096?mt=8

シーンを選んで1タップするだけ

 iPhoneで撮影した動画の中にとてもいいシーンが含まれていたら、そこだけ写真として保存したくなるだろう。一時停止して画面キャプチャを撮るという方法もあるが、狙ったシーンで停止させるのが難しいことも。そんなとき、「MovieToImage」があれば簡単だ。

動画から瞬間を切り出す「MovieToImage」

 「MovieToImage」は動画から好きなシーンを写真として保存できるアプリ。とにかく操作が簡単で、すぐに保存できるところが特徴だ。iPhoneで撮影されたものだけでなく、iTunes Videoや他のアプリの動画も保存できる。

 撮影済みの動画から写真を作成したいときは、アプリを起動して「Albums」を選ぶ。すると動画だけが選択できるようになる。動画を開いたら、画面下のサムネイルを指でゆっくりスライドさせながら、保存したいシーンを選ぼう。少しずつ確かめながら確実に選択できる。保存したいシーンが決まったら、右下のアイコンをタップする。これで写真としてカメラロールに保存される。現在保存サイズの指定はできないようだが、元の動画に合わせたサイズで保存できるようだ。

起動時のメニュー画面。既存の動画なら「Albums」を選択
動画だけが選べる
動画を指定する
保存したいシーンで右下のアイコンをタップ
カメラロールに保存される

 ベストシーンを撮り損ねることが多いという方は、とにかく動画で撮影しておいて、あとから「MovieToImage」で写真として切り出してみてはいかがだろうか。資料用の写真も準備しやすくなるはずだ。

すずまり

プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。 睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。