ビジネスに役立つiPhoneアプリ

好きなテーマの記事を集中して読めるニュースアプリ「カメリオ」

アプリ名 カメリオ(Kamelio)(Ver.3.1.0)
こんなときに 特定のテーマに関する記事だけとことん読みたい
価格 無料
配布 Shiroyagi corporation inc.
URL https://itunes.apple.com/jp/app/kamerio-kamelio/id733772494?mt=8

読みたいテーマだけを深掘り

 社会全体のニュースを読みたいと思う一方で、仕事のために特定の情報だけ集中的に集めたいと思う人は多いはず。今回ご紹介する「カメリオ」は、そんな後者向きのニュースアプリである。

カメリオ

 「カメリオ」は、6000以上のニュースサイトやブログから、指定したテーマの記事だけを集めてくれるというもの。最大のメリットは、やはり読みたいテーマの記事だけをまとめて読めるところだ。通知とアラート機能も備えており、朝と晩の1日2回指定した時刻に通知できる (ただし、現在のところ筆者の環境では通知機能が正常に働いていない)。マイテーマの中から指定したテーマの記事だけ通知させることも可能だという。おかげで検索して記事を探す手間が省ける。

 アプリには自分が選んでいないテーマも含め、特におすすめと思われるものが集められる「特集」と、自分が指定したテーマだけが集まった「マイテーマ」の2つのカテゴリが用意されている。初期設定ではまず「特集」で気になるテーマをフォローし、「検索」を使ってさらに読みたいテーマを探してフォローしていくという流れになる。読みたいテーマが見つからない場合はリクエストすることもできる。

 記事はテーマごとにまとまっており、イメージとしてはRSSリーダーに近い。テーマの設定次第でこのアプリ1本ですべてのニュースをカバーすることもできるが、どちらかというと情報収集用で、一般的なニュースアプリと併用することでさらに生きてくるアプリと言っていいだろう。

 記事は、表示文字サイズの変更はできないが、「Web」モードとテキストだけの「本文のみ」モードの2つの切り替えが可能。TwitterやFacebook、LINE、Evernote、Pocketなどへのシェア機能も備える。オフラインでは読めないが、気になる記事はクリップしてあとで読み返すことも可能だ。テーマと関係ないと思われる記事が表示された場合は、報告することもできる。

 ユニークなのは記事を表示すると選択できるようになる「タイムマシン機能」だ。閲覧した記事の経緯や背景をさかのぼってチェックできるのだという。元記事に関するものというわけではなさそうだが、関連記事への接点は生まれやすいかもしれない。

利用するにはFacebookまたはTwitterのアカウントでログインする
気になるテーマをフォローする
テーマの検索やリクエストも可能
自分が読みたいテーマだけを集められる
記事のWebモード
本文のみのモードもある
タイムマシン機能
シェア機能
通知設定
テーマ毎の通知設定も可能

すずまり

プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。 睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。