ビジネスに役立つiPhoneアプリ

暗い場所でもスクリーンが目立たないカメラアプリ「StageCameraHD」

アプリ名 StageCameraHD - マナー撮影(静音+明るさ調整)(Ver.1.0.0)
こんなときに 暗く静かな場所でも、周りに迷惑をかけずに撮影したい
価格 無料
配布 Oshita Takashi (C) 2014 sky-nexus
URL https://itunes.apple.com/jp/app/stagecamerahd-mana-cuo-ying/id912177018?mt=8

スクリーンの明るさが周囲に影響しにくいカメラアプリ

 美術館やレストラン、なんらかのセミナーや発表会など、カメラのシャッター音が他人の迷惑になる場面は案外多い。そんなとき便利なのがシャッター音を無音もしくは限りなく無音に近づけられるカメラアプリだ。しかし、照明があえて落とされたステージや会場などでは、煌々と輝くスクリーンが場の雰囲気を台無しにしてしまうこともある。

StageCameraHD

 そんな場所で便利なのが「StageCameraHD」である。シャッター音を無音にできるだけでなく、スクリーンの明るさも落とせるのが大きな特長だ。無料版は5回に1回のペースで画面の中央部に広告が表示されるが、常に露出していないため被写体が見やすく、気が散りにくいところもメリットだ。

 写真とビデオの撮影が可能で、解像度は1920×1080、1280×720のいずれかが選択できる(iPhone 5以降の有料版は2592×1936も選べる)。スライダーを使ったズーム撮影もでき、手ブレ補正や露出ロック機能も備えている。

 シャッター音は端末のボリュームと連動しているため、無音にしたいときはサイレントモードにすればよい。スクリーンの輝度は、画面右上のスライダーで調整できる。限界まで輝度を落としても、被写体の様子は右下の小さなセカンドビュー内で確認できる。セカンドビューの明るさも邪魔な場合は、セカンドビューをタップすればオフにできる。撮影したデータはカメラロールに保存されるため、標準のカメラと同じ感覚で利用できる。

 アプリの起動時間や、オートフォーカスがやや遅い点は気になるが、スクリーンの明るさが周囲に影響することはなく、静かに撮影できるようだ。シーンを選んで活用してみよう。

画面右上のスライダーを動かすと、画面を暗くできる
完全にオフにした状態だが、真っ暗にはならない。実際の被写体の様子は右下のセカンドビューで確認できる
セカンドビューもオフにできる
解像度の切替
写真とビデオの切替
ズームもできる
設定画面

すずまり

プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。 睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。