ビジネスに役立つiPhoneアプリ

正月あけたらスーツがキツイ!? 新年からの新習慣に「ダイエット80」

アプリ名 簡単「やせ習慣」づくり - ダイエット 80 byクックパッド ダイエット(Ver.2.7.2)
こんなときに 今年こそはダイエットへの一歩を踏み出したい
価格 無料
配布 COOKPAD Inc. (C) 2014 COOKPAD Inc.
URL https://itunes.apple.com/jp/app/jian-dan-yase-xi-guan-dzukuri/id788355023?mt=8

無理のない行動を積み重ねて1カ月で1〜2kg減を目指す

 お正月休みが終わり、定番の正月太りになってしまって焦っている方、今年こそは体型を引き締めたいと思っている方は「簡単『やせ習慣』づくり - ダイエット 80」(以下、ダイエット80)を試してみてはいかがだろうか。

簡単「やせ習慣」づくり - ダイエット 80

 「ダイエット80」とは、レシピでおなじみのクックパッドが提供しているアプリで、1回で80kcal減らせる活動メニューを実践し、1カ月に1kgもしくは2kg痩せようというもの。脂肪1kgは7200kcal分に相当するということから、1回80kcal分の消費もしくは節約活動を行い、1カ月で脂肪1kg分減らそうと提案している。「毎日1時間ウォーキングに行く」という目標を立てた場合、1回行けないとそれでNGになってしまうが、これは1日3回または6回に分けているので、プレッシャーが少ないうえ実行しやすいのが大きな特長。1日1回の「お忘れ防止通知」機能もあり、通知時間を指定できる。

 1回80kcalの行動は「食事」「運動」の2ジャンルで100種類以上メニュー用意されている。いずれもその行動で減らせるカロリーを示しつつ、アドバイスをプラスしている。

 たとえば「食事」なら、「飲み物」「食べ方の工夫」「おやつ」「調理の工夫の4カテゴリーに分かれており、「甘い飲料を水かお茶にする」「ビールは半分だけ」「ウイスキーを1杯減らす」「ごはん3口減らす」「うどん、そば2/3まで」「焼き鳥皮を鶏ももに替える」「マヨネーズはかけない」「メロンパンをあんぱんにする」「揚げ物は揚げずにオーブンで」といった具合で行動が提案されている。

 「運動」の場合は、「普段の生活」「趣味」「オフィス」「移動の工夫」「エクササイズ」の4カテゴリーで、「30分歩く」「15分雪かきをする」「35分スーパーで食材の買い物をする」「40分歌う」「60分読書する」「30分ペットと遊ぶ」「55分打ち合わせする」「60分資格試験のスクールで勉強」「20分一駅歩く」「バス乗車5分ぶん乗らずに徒歩で」「15分後ろ向きに歩く」といった行動が選択できるようになっている。

 オフィスでの打ち合わせや勉強といった、動きとしては安静とも思える行動でもカロリー消費対象として含んでいるため、多忙なビジネスパーソンでも1日を通して選びやすいのがポイントだ。

 実際の記録は非常に簡単。ホーム画面の空欄の1つをタップし、「すべて」「マイメニュー」のいずれかから実行したい行動を選ぶ。終わったら「やった!」をタップするだけだ。同じ行動を追加してもOK。繰り返し行いたい行動は「お気に入りに追加」をタップしておくと便利である。

 達成するとアチーブメント画面を表示する。過去の履歴は「今月の記録を見る」で確認できる。Apple IDでGame Centerにサインインすると、同じアプリを使っているユーザーの行動を見ることも可能だ。ホーム画面にはモーションアクティビティ対応機種なら、歩数も表示できるので、歩数計代わりとしても活用できる。

 ダイエット=ジョギング、辛い筋トレ、食事制限、というイメージになりがちな方は、「ダイエット80」でハードルを下げてみてはいかがだろうか。

ホーム画面で空欄をタップして行動を選ぶ
「食事」と「運動」から選べる
「おすすめ」は「食事」と「運動」のダイジェスト版
実行したら「やった!」をタップ
歩数も分かる
目標を達成するとほめてくれる
今月の記録画面
設定画面

すずまり

プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。 睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。