記事検索
イベントレポート

NTTドコモが「通訳電話」参考出展、電子書籍関連サービスも各社から


 東京ビッグサイトで開かれている「ワイヤレスジャパン2011」では、スマートフォンやタブレット端末が大きな比重を占めており、関連する製品やサービス、技術などが多数展示されている。

AR技術を使った会場ガイド

 会場前には、クウジット株式会社のAR技術「GnG(GET and GO)」を使った会場ガイドのコーナーが設けられている。GnGのアプリをインストールしたiPhoneやAndroid端末でマーカーを見ると、展示会場やセミナー、飲食店のガイドにアクセスできる。

会場前に、AR技術「GnG(GET and GO)」を使った会場ガイドのコーナーが設けられている

NTTドコモ、音声をその場で飜訳する「通訳電話」を参考出展

 スマートフォンを使った「通訳電話」が、NTTドコモのブースで参考出展されている。飜訳開始を指示してから端末に向かって日本語や英語でしゃべると、内容がその場で飜訳されて文字と音声で伝わるという技術だ。会場と横須賀を結んで通訳しながらデモがなされていた。

 通訳電話は、同社の研究するネットワーククラウドによるコミュニケーション技術の一例だ。インターフェイスはスマートフォンのアプリだが、飜訳自体はクラウド上のサーバーで処理されているという。同じ技術を使い、例えば、会話中の言葉から互いのスケジュールを確認してミーティングを調整するようなことも研究されていると紹介されていた。

 NTTドコモブースではほかに、スマートフォンがカーナビになる「ドライブネット」なども展示している。

音声をその場で飜訳して通話相手に文字や音声で伝える「通訳電話」のデモ。スマートフォンとタブレット端末でやってみせていた
スマートフォンがカーナビになる「ドライブネット」

KDDIのブースには、デジタルサイネージのコーナーなど

 KDDIのブースでは、Android搭載スマートフォンのセキュリティについて解説する展示などもなされている。

 また、デジタルサイネージに関するコーナーでは、株式会社しくみデザインとネクストウェーブ株式会社により、タブレット端末とデジタルサイネージを応用した例が参考出展されている。

Android搭載スマートフォンのセキュリティについての解説 タブレット端末とデジタルサイネージを応用した参考出展
株式会社しくみデザインによる応用例。カメラに映っている画像にリアルタイムに反応する ネクストウェーブ株式会社による応用例。無線アクセスポイントからスマートフォンやタブレット端末にコンテンツをプッシュ配信する

電子書籍のサービス、ソリューションが多数展示

 タブレット端末やスマートフォン、携帯を対象にした電子書籍サービスや関連ソリューションも各社から展示されている。

NTTドコモブースの電子書籍サービスコーナー
KDDIブースの「LISMO Book Store」 富士通の電子書籍販売サービス「BooksV」
スターティアラボ株式会社の電子ブック作成ソフト「ActiBook」による電子ブック




関連情報

(高橋 正和)

2011/5/26 10:48