記事検索

ドコモのFOMA、5000万契約を突破


 NTTドコモは、FOMAサービスの契約数が6月11日付けで5000万契約を突破したと発表した。商用サービス開始から約7年9カ月での達成となった。

 第1世代のアナログ携帯電話、第2世代のデジタル(PDC方式)携帯電話の「ムーバ(mova)」に続き、第3世代携帯電話(W-CDMA方式)「FOMA」は、2001年10月1日より商用サービスがスタートした。開始から1年後の2002年度には目標販売数を下方修正するなど、当初は契約数が伸び悩んでいたものの、エリア拡充やムーバより安価なパケット料金などによって、徐々に利用が進み、2003年9月30日付けで100万契約を突破した。

 その後、900シリーズなどが登場し、2005年2月21日に1000万契約、2005年12月29日に2000万契約、2006年11月4日に3000万契約、2007年9月29日に4000万契約に達した。2006年6月18日には、ドコモ契約数のうち半数がFOMAという状況になった。現在では、FOMAの契約数が全体の91%を占めている。


FOMA契約者数の推移

関連情報


(関口 聖)

2009/6/15 18:30

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.