記事検索

Flash Playerの最新版公開、危険度の高い脆弱性を修正


インストールされているFlash PlayerのバージョンはAdobeのサイトで確認できる

 米Adobe Systemsは米国時間30日、事前の予告通りにFlash Playerの脆弱性を修正した最新バージョンを公開した。既に攻撃が確認されている脆弱性など、危険度の高い複数の脆弱性を修正しており、Adobeではユーザーに対してアップデートを呼びかけている。

 公開されたFlash Playerのバージョンは10.0.32.18および9.0.246.0。Windows版、Mac版、Linux版がそれぞれ、Adobeのサイトからダウンロードできる。Windows版の場合には、Internet Explorer(IE)用とそれ以外のブラウザ用の2種類のFlash Playerがあるため、IEとFirefoxなどを利用している場合には、両方のアップデートが必要となる。インストールされているFlash Playerのバージョンは、AdobeのFlash Playerに関するページで確認できる。

 また、アプリケーション実行環境の「Adobe AIR」についても、最新版となるバージョン1.5.2が公開されており、こちらもバージョンアップが推奨されている。

 Flash Playerの最新版では、脆弱性を悪用した攻撃が確認されたとしてAdobeが22日に情報を公開した脆弱性や、マイクロソフトが29日に臨時の修正パッチで対応したATL(Active Template Library)の脆弱性などを修正している。

 また、今回修正した脆弱性の中には、Adobe Reader/Acrobatにも影響を及ぼすものがあることが確認されており、Adobe Reader/Acrobatについては米国時間31日に修正版を公開するとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2009/7/31 11:51

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.