記事検索

ニコ動で85万人が回答、「衆院選 ネット入口調査」結果発表


 ニワンゴは11日、ニコニコ動画の「ニコ割アンケート」を利用して実施したアンケート調査「第45回衆議院議員総選挙 ネット入口調査」の結果を発表した。

 調査は、8月7日午前3時〜8月10日午前3時の72時間にわたって実施し、85万442件の回答を得た。調査では、20代〜40代ユーザーの回答を全体の結果としており、10代以下および50代以上の結果は年代別の集計のみを公表している。

 比例代表区でどの政党に投票するかという質問では、「自民党」が38.7%、「民主党」が31.1%、「共産党」が6.0%、「公明党」が3.0%、「社民党」が1.5%、「国民新党」が1.2%、「新党日本」が1.0%、「改革クラブ」が0.9%、「その他の政党」が3.4%となった。「選挙に行かない」という回答は13.3%。

 男女別に見ると、「自民党」に投票すると回答した割合は、男性が38.9%、女性が38.4%。一方、「民主党」に投票すると回答した割合は、男性が34.3%、女性が27.7%で、男女の割合に差が見られる。また、「選挙に行かない」という回答は、男性が10.4%、女性が16.3%と女性の割合が高い。

 年代別では、「自民党」と回答した割合は、20代が41.9%、30代が39.3%、40代が35.1%、50代以上が34.8%で、20代と30代で支持する割合が高い。一方、「民主党」と回答した割合は、20代が25.6%、30代が31.1%、40代が36.0%、50代以上が37.4%で、年代が高くなるにつれて支持の割合が多くなっている。

 比例区ごとの結果では、全国11ブロックのうち「自民党」と「民主党」の差は10ブロックで10ポイント以内、3ブロックでは5ポイント以内と接近している。アンケート結果をドント方式で配分した場合には、全体で自民党が92ポイント、民主党が77ポイント、共産党が8ポイント、公明党が1ポイント、社民党が0ポイント、国民新党が0ポイント、新党日本が0ポイント、改革クラブが0ポイント、その他が2ポイントとなる。

 小選挙区でどの政党の候補者に投票するかという質問では、「自民党」が38.1%、「民主党」が31.3%、「共産党」が5.3%、「公明党」が2.9%、「社民党」が1.2%、「新党日本」が1.0%、「国民新党」が0.9%、「改革クラブ」が0.7%、「その他政党・無所属」が4.7%。また、「選挙に行かない」という回答は14.0%。

 小選挙区でも、自民党は男性38.8%、女性37.4%と大きな差は無いが、民主党は男性35.0%、女性27.5%と差が見られる。また、年代別でも、自民党は20代(40.6%)と30代(38.8%)の支持の割合が高く、民主党は40代(36.2%)と50代以上(37.7%)の支持の割合が高い。

 小選挙区ごとの結果でも、300ある小選挙区のうち211選挙区では自民党と民主党の差が10ポイント以内、110選挙区では自民党と民主党の差が5ポイント以内と接近している。

【お詫びと訂正 2009/08/17 0:00】
 当初発表された集計結果の一部に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

誤:アンケート結果をドント方式で配分した場合には、全体で自民党が61ポイント、民主党が59ポイント、共産党が26ポイント、公明党が14ポイント、社民党が5ポイント、国民新党が2ポイント、新党日本が1ポイント、改革クラブが0ポイント、その他が12ポイントとなる。

正:アンケート結果をドント方式で配分した場合には、全体で自民党が92ポイント、民主党が77ポイント、共産党が8ポイント、公明党が1ポイント、社民党が0ポイント、国民新党が0ポイント、新党日本が0ポイント、改革クラブが0ポイント、その他が2ポイントとなる。


関連情報

(三柳 英樹)

2009/8/11 20:09

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.