記事検索

Google Mapsの“全地点”に、まとめページ「Place Pages」設置へ


サンフランシスコの「Place Pages」

 米Googleは24日、「Google Maps」のほぼ全地点について、情報の集約ページ「Place Pages」を用意すると発表した。

 「Place Pages」には、その地点に関する可能な限りの情報を集約し、さまざまな場所に情報が分散しないように工夫する。また、そのページのURLは、地点の名称に応じたわかりやすいアドレスにする。例えばサンフランシスコであれば、「http://google.com/places/us/california/san-francisco-city」となる。

 「Place Pages」が用意される場所は、基本的には都市、名所、ランドマーク、駅、商店など、およそ人々が関心を持つあらゆる場所だ。そのためGoogleでは、実質的に「すべての場所である」と説明している。

 例えば商店であれば、店舗の写真や営業時間、地図、アクセス手段、ユーザーレビュー、YouTubeの動画、販売している商品一覧、クーポンなどをまとめて表示する。

 Googleでは、現時点でほとんどの都市と商店を対象にした「Place Pages」を用意していると説明。今後、すべての場所について「Place Pages」を用意できるようにさらなる作業をしているという。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/9/25 12:40

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.