記事検索

「公取委の事実認定に重大な誤り」JASRACが審判請求で証拠提出


 テレビ局やラジオ局などの放送事業者との間で締結する包括契約の内容が独占禁止法違反にあたるとして、公正取引委員会から排除措置命令を受けていた日本音楽著作権協会(JASRAC)は、28日に開かれた第3回審判において、「排除措置命令の事実認定に重大な誤りがある」と主張し、これを裏付ける証拠を提出した。

 公正取引委員会が指摘しているのは、JASRACが放送事業者との間で締結する包括契約の算定方法などが、他の著作権管理事業者の参入を阻害しているという点。「放送事業者が使用料の追加負担を避けるために、新規参入した管理事業者の管理楽曲の利用を回避した」という事実認定に基づいている。

 この事実認定についてJASRACは、新規参入した事業者が放送の管理を開始した2006年10月1日以降、「実際には当該事業者の管理楽曲が繰り返し放送されていた事実がある」と指摘。その上で、この事実の裏付けとなる証拠を提出した。

 JASRACによれば、排除措置命令には、放送事業者が利用を回避した楽曲の具体例として、大塚愛の「恋愛写真」が挙げられていた。しかし、JASRACが現時点で確認できる範囲の電子データによる利用曲目報告では、「恋愛写真」が2006年10月中に少なくとも515回、10月から12月まででは少なくとも729回、放送されていたことが確認されたという。

 また、「恋愛写真」のCDの発売日である2006年10月25日を含む2006年10月第4週のオリコンチャートの上位を占めた、JASRACが管理する他の新曲3曲の利用状況についても、おおむね10月第1週から11月第4週までの約8週間において、CD発売日前後をピークとする利用状況が確認され、これは「恋愛写真」の利用状況と違いがなかったとしている。

 こうしたことからJASRACは、「放送事業者が追加負担を避けたいという理由で当協会以外の管理事業者の管理楽曲を放送しなかったといえないことは明らか」と主張した。なお、新規参入事業者が2006年10月から12月までに管理委託を受けた他の楽曲についても、多数回にわたって放送されていたという。

大塚愛の「恋愛写真」の利用状況 2006年10月4週オリコンチャート上位曲の電子データによる報告実績

関連情報

(増田 覚)

2009/10/28 19:44

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.