記事検索

偽セキュリティソフト「Microsoft Enterprise Defender」に注意


「Microsoft Enterprise Defender」と称する偽セキュリティソフトの画面

 ロシアのKaspersky Labは10月29日、「Microsoft Enterprise Defender」と称する偽セキュリティソフトが出回っているとして、注意を呼びかけた。

 この偽セキュリティソフトは、マイクロソフトが無償で提供している「Windows Defender」を模しており、実行するとWindowsのプロダクトキーの入力を促し、発見したウイルスを削除するためとして金銭の支払いを要求するという。

 Kaspersky Labでは、マイクロソフトが無償のウイルス対策ソフト「Security Essentials」の提供を開始したことに伴い、こうした偽セキュリティソフトが作られたと分析。サイバー犯罪者は常にユーザーをどのようにして騙すかを考えており、Security Essentialsのニュースは見たもののソフトの名称までは覚えていないユーザーに対して、従来の「Windows Defender」を置き換えるものに見せかけることで、ソフトをインストールさせようとしているとして、注意を促している。


関連情報

(三柳 英樹)

2009/11/2 16:14

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.