記事検索

NHKオンデマンド、来春からFlash形式で配信。Macでも視聴可能に


字幕サービスの提供イメージ

 日本放送協会(NHK)は3日、動画配信サービス「NHKオンデマンド」のPC版について、2010年4月からFlash Video形式による配信を開始すると発表した。

 「NHKオンデマンド」のPC版では現在、Windows Media Video形式で動画を配信しており、動作環境はOSがWindows Vista/XP、WebブラウザはInternet Explorer 6.0以降に限定されている。NHKでは、2010年4月に配信形式をFlash Videoに変更することで、OSではMacintosh、WebブラウザではFirefoxなどからも「NHKオンデマンド」の利用が可能になるとしている。なお、Flash Video形式での具体的な動作環境は今後告知する。

 Flash Video形式への切り替えに合わせて、配信ビットレートも現在提供する768kbpsと1.5Mbpsに加えて、384kbpsを追加する。また、見逃した番組を視聴できる「見逃し番組」の一部で字幕サービスを試行する。4月の開始当初は1日4〜5番組程度を予定し、テレビ放送と同様に字幕のオンオフにも対応する。

 テレビ版サービスでは、12月1日から社団法人IPTVフォーラムなどが検討して規格化した「放送〜通信連携機能」を利用したサービスを開始。同サービスでは、インターネット経由でアクセスできるデータ放送サービス「NHKデータオンライン」の画面から、「アクトビラ」や一部のケーブルテレビ会社を通じて利用できるテレビ版のトップ画面への移動が可能になる。NHKでは、このサービスを最初のステップとして、今後も「放送〜通信連携機能」を利用した新サービス実現に向けた検討を進めるという。

 NHKでは合わせて、「NHKオンデマンド」で今後配信するコンテンツを発表。NHKが過去に放送した作品を配信する「特選ライブラリー」で、2010年1月から「大河ドラマ 篤姫」と「ドラマスペシャル 白洲次郎」を配信する。料金は各話315円で、購入から72時間の視聴が可能。なお、「大河ドラマ 篤姫」の第1話は無料で視聴できる。

 また、2010年2月13日にカナダ・バンクーバーで開幕する「第21回冬季オリンピック」について、NHK総合テレビの中継番組を放送後12時間以内に配信を開始する。配信期間は、配信開始日から30日間。視聴は月額1470円で指定番組を視聴できる「見逃し 見放題パック」に加え、各315円で24時間視聴できる単品購入にも対応する。


「放送〜通信連携機能」によるサービスのイメージ

関連情報


(村松 健至)

2009/12/3 19:35

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.