記事検索

アップル、Mac OS X用「セキュリティアップデート 2010-001」公開


 アップルは19日、Mac OS X用の「セキュリティアップデート 2010-01」を公開した。対象OSはMac OS X 10.6.2/10.5.8。

 セキュリティアップデート 2010-01では、CoreAudio、CUPS、Flash Playerプラグイン、ImageIO、Image RAW、OpenSSLに関する脆弱性を修正する。脆弱性の件数は、CVEベースで計12件。

 Flash Playerプラグインの脆弱性は、2009年12月にアドビが修正パッチを公開していたもので、悪意のあるWebページを閲覧した場合に、任意のコードを実行させられる危険がある。また、CoreAudio、ImageIO、Image RAWの脆弱性についても、特別に細工された画像ファイルや音楽ファイルを開くことで、任意のコードを実行させられる危険があるとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/1/20 12:33

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.