記事検索

「Cabos」ユーザーを著作権法違反容疑で初摘発、J-POPを違法公開


 ファイル共有ソフト「Cabos」を使用してインターネット上に音楽データを無断で公開していたとして、香川県警察本部安全部生活環境下および高松南警察署は25日、高松市内の飲食店経営の男性(33歳)を著作権法違反の疑いで逮捕した。Cabosを利用した著作権法違反容疑の摘発は国内で初めて。同日、日本音楽著作権協会(JASRAC)が発表した。

 JASRACによれば、男性は2009年12月12日から12月15日にかけて、自ら経営する飲食店内において、桑田佳祐が作詞作曲し、平井堅がカバーした「白い恋人達」の楽曲データをCabosを通じて権利者に無断でインターネット上に公開し、不特定多数に送信できるようにしていたという。

 JASRACでは、2010年1月に改正著作権法が施行されたことにより、違法にアップロードされた音楽や映像を違法と知りながらダウンロードする行為は違法とされていると説明。その上で、Cabosを含めたファイル共有ソフトの多くは、「利用した時点でファイルをネット上に公開する機能があり違法となる」として注意を呼びかけている。


関連情報

(増田 覚)

2010/2/25 17:00