記事検索

アイドック、著作権保護PDFファイルを無料作成できるサービス


 アイドック株式会社は9日、PDFファイルにデジタル著作権管理(DRM)を設定し、再配布や二次利用を制限できるサービス「Keyringドキュメント認証 FREE」の提供を開始した。同社のサイトで会員登録を行えば、無料で利用できる。

 同社のDRM技術「KeyringPDF」でPDFファイルの閲覧に必要な「認証キー」を発行し、ソフトウェアのプロダクトキー認証と同じ仕組みをPDFファイルに提供する。これにより、PDFファイルの閲覧期間や閲覧PC台数、印刷部数などを制限したり、配布後にそのPDFファイルを閲覧不可にすることが可能。また、受取人がファイルを開いた日時をサーバー上で確認する機能も備える。

 利用方法としては、PDFファイルを同社サイトにアップロードして暗号化した上で、閲覧期間などを指定して認証キーを発行する。暗号化したPDFファイルと認証キーは、同社サイトからダウンロードできるほか、メール添付、記憶媒体などでの受け渡しが可能。

 暗号化されたPDFファイルを閲覧するには、専用ソフトをインストールする必要がある。PDFファイルをダブルクリックすると表示される画面に認証キーを入力すると、指定された条件に従って閲覧できる。専用ソフトの対応OSはWindows 7/Viata/XP/2000。

 なお、「Keyringドキュメント認証 FREE」は同社の有料サービス「Keyringドキュメント認証」と同等の機能が利用できる。ただし、1カ月に暗号化できるファイルは5回まで、認証キーによる閲覧設定は合計30PCまでといった利用制限が設けられている。


関連情報

(増田 覚)

2010/3/9 20:08