記事検索

「JRE 6 Update 19」公開、複数の脆弱性・バグを修正


 Oracleは3月30日、Java実行環境「Java SE Runtime Environment(JRE)」の最新版となる「JRE 6 Update 19」(バージョン1.6.0_19 )を公開した。同社サイトでWindows版、Solaris版、Linux版が公開されているほか、WindowsではJavaコントロールパネルからもアップデートできる。

 Oracleでは「Critical Patch Update」と位置付けており、すでにアドバイザリを出して事前告知していた。それによると、対象となるプロダクトを通じて計27件の脆弱性を修正しているとしており、ユーザーに対してできるだけ早急に適用するよう呼び掛けている。

 このほか、セキュリティ以外の多数のバグ修正も含まれている。


関連情報


(永沢 茂)

2010/4/1 18:59