記事検索

エンティス、「美人時計」搭載のデジタルフォトフレーム


「EN-SLIM800」での「美人時計」表示イメージ

 株式会社エンティスは、同社が販売するデジタルフォトフレーム「EN-SLIM800」において、美人が時刻を教えてくれることで人気のサイト/アプリケーション「美人時計」の機能を追加した。内蔵時計の時刻に連動して、美人時計の画像を表示する。

 指定されたフォルダーに、表示したい時刻をファイル名にした任意の画像(800×600ピクセル以内)を保存することで、指定した時刻に希望する画像を表示することも可能。時刻は分単位で、表示時間は1〜60分間の範囲で設定できる。

 「EN-SLIM800」は、1GBのフラッシュメモリーを内蔵し、8インチ(800×600ピクセル)のTFTカラー液晶ディスプレイを搭載するデジタルフォトフレーム。大きさは203×165×12mm(幅×高さ×奥行き)。オープンプライスだが、実勢価格は1万3000円前後。

 すでに「EN-SLIM800」を購入したユーザーでも、エンティスのサポート窓口で申し込めば、「美人時計」機能を収録したCD-ROMを無償で入手できる。機能の追加作業には、PCとSDカードが必要となる。


関連情報

(増田 覚)

2010/4/26 12:35