記事検索

マイクロソフトが5月の月例パッチ2件を公開、メールとVBAに関する修正


 マイクロソフトは12日、月例のセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)2件を公開した。脆弱性の最大深刻度は2件とも、4段階で最も高い“緊急”。

 「MS10-030」は、WindowsのOutlook ExpressおよびWindowsメールに関する脆弱性を修正する。脆弱性が悪用された場合、ユーザーが悪意のあるメールサーバーに接続すると、リモートでコードを実行させられる危険がある。影響を受けるOSは、Windows 7/Vista/XP/2000およびWindows Server 2008 R2/2008/2003。

 「MS10-031」は、OfficeのVisual Basic for Applications(VBA)に関する脆弱性を修正する。脆弱性が悪用された場合、Office文書に埋め込んだコントロールを実行できる可能性があり、結果的にリモートでコードを実行させられる危険がある。影響を受けるソフトは、Office 2007/2003/XPおよびVisual Basic for Applications、Visual Basic for Applications SDK。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/5/12 11:53