記事検索

パピレス、iPad向けに「電子貸本」サービス。電子書籍6500冊が閲覧可能


 パピレスは、iPadの国内販売開始に合わせて、電子書籍レンタルサービス「電子貸本Renta!」のiPad向けサイトを5月28日に開設する。コミックや小説・実用書、グラビア写真集など、6500冊以上の電子書籍がiPadで閲覧できる。

 「電子貸本Renta!」は、パピレスが開発した電子書籍配信システム「MEDUSA」を利用した、Webブラウザーのみで閲覧できる電子書籍のレンタルサービス。課金は「閲覧チケット」を事前に購入する形で、料金は1冊105円から。レンタル可能な時間(48時間〜無制限)が書籍によって決められている。

 開始するiPad向けのサービスでは、コンテンツを開くとiPadに本の表紙が表示され、ページをタップしていくことで書籍を読み進められる。読んでいたページを記憶するしおり機能や、iPadを横にすると拡大表示モードとなる機能なども備える。PC版やモバイル版サービスと共通のアカウントが利用でき、レンタルした電子書籍はiPadだけでなくPCやiPhoneなどでも閲覧できる。

 パピレスでは、iPadでのサービス開始に合わせて、iPad用の無料アプリ「Renta! 100円貸本 for iPad」も提供する予定。アプリでは、その週の新入荷コンテンツの確認や、無料サンプルの閲覧が行える。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/5/19 18:33