記事検索

Adobe、「Dreamweaver CS5」拡張機能でHTML5をサポート


 米Adobe Systemsは19日、Webサイトのオーサリングツール「Dreamweaver CS5」において、HTML5をサポートすると発表した。同製品の拡張機能として、「HTML5 Pack」の提供を開始した。拡張機能はWindowsおよびMac OSに対応しており、同社サイトから無料でダウンロードできる。

 HTML5 Packには、HTML5とCSS3の各種機能に対応する新たなコードヒントが採用されており、Dreamweaver CS5のユーザーはHTML5用の最新タグを簡単に活用できるという。また、WebKitエンジンもアップデートされ、Dreamweaver CS5のライブビューでの動画と音声の再生に対応した。

 Dreamweaver CS5の価格は4万9875円、アップグレード版とAdobe GoLive CS/CS2/9ユーザー向けの特別提供版は2万6250円、学生・教職員個人版が1万6065円。


関連情報

(増田 覚)

2010/5/20 14:57